会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

MAYさん2年ぶり静岡出場、そして全米Twist &Shout 2017優勝おめでとうございます!!
着物をドレスにしたような素敵なコスチューム、前半は子供たちにぴったりなメルヘンなパフォーマンスで、たくさんの可愛い作品を子供たちにプレゼントしてくれました。MAYさんのメッセージから、静岡に帰ってこれて本当に嬉しい、感謝の気持ちが伝わる心温まるショーになりました。後半はコンペティションで優勝した技を、華麗なダンスと共にみせてくれました。完成した大きな鳳凰に大きな拍手がわきました。なんと風船40本でできた大作です。
6年前から、遅咲きのアーティストとして始めたMAYさん、昔は静岡の大道芸のお客さんだったそうで、ステージに上がることなど想像できなっかったと
しみじみ。今後も来年の大道芸やコンペティションに向けて作品作りに励むそうです。来年もお待ちしています。













呉服町通りにたくさんの人だかり。赤・青・黄色の巨人が突然現れた。
足がとにかく長くて、歩くのが速い!
交差点で止まっては、3人で決めポーズ。子供たちも慣れているのか、怖がらずにたくさんシャッターが押された。
15年続くプロフェッショナルだけあって、アドリブもたっぷり楽しませてくれる。
ビールを飲んでいるおじさんも後ろにいるのに気がつき、びっくり。
どこでも人気者だった。
石畳で歩くのだけでも大変に見えたが、ぬるぬるの道でなければ大丈夫とのこと。
大技の縄跳びはスティルトの常識を覆すようなダイナミックなパフォーマンスだった。
スティルトで何が出来るか限界を追求している。
そのままの姿で一息ついた3人は汗びっしょりで、立っているだけで汗をかくと言っていた。
もし、大道芸のストリートにBiG Rootsがいなかったらと思うと、さみしい。
いなければならない存在。
また来年は紫復活?!楽しみにしています!!








2017会場レポート::アーティスト ウォーキングストリート部門 / trackback (x)
2017/11/05 04:36 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。