会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

「イケメンパフォーマー・美女パフォーマーが見たい!!」
大道芸ワールドカップの陰の醍醐味はこれだろう!

そんな皆様の声にお応えして、
今回はイケメンパフォーマーに直撃取材!!

その名は、「心を持ちたいロボットのぞみ」







イ、イケメン・・・
ん~・・・ロボットぉぉぉおお!!


※安心してください、素顔はとってもイケメンです♪



さぁ、このロボットの最初の演目は、「ロボットと子犬」
捨てられた子犬を見つけたロボットはどうするのか?

実際にソコに子犬がいるように見えるこの演技は、肌寒くなってきた季節にぴったりの心温まるストーリー仕立て♪


中盤には、ストリートパフォーマンスの醍醐味、その場のお客さんを巻き込んだパフォーマンス。
パントマイムを実際にどのようにやれば、それらしく見れるのか?
その秘訣をを教えてくれますよ。

お聞きしたところ、こちらは観客の皆さんとの一体感が生まれるのが好きで、毎回やっているとのことでした。


そして最後の演目は「人間という名のロボット」
働く人間がロボットになっていく物語~

見ている方も、ハッ!!とするようなこともあるのでは?




さてさて、ロボットのぞみは、学生のころからブレイクダンスやシンガーソングライターとして活躍していたらしく、演技中流れる音楽・歌詞もすべて自作とのこと!
ここにも注目です!


今後、ロボットの演技では、社会・イジメ・愛・命など、「人間をみつめなおせる」ような観客の皆さんに、明日生きる力を与える演技を追及していきたいとのことでした。


これからの活躍も楽しみですね!
近々、海外修行に行ってしまうそうなので、まだ見たことない方は是非☆


(うるし・トニー・やま)



2016会場レポート::アーティスト オン部門 / trackback (x)
2016/11/04 06:50 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。