会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

フランソワーズ・ロッシェはフランスから来た美しいジャグラー。
昨年のブロンズメダリストは今年も静岡にやってきました。

音楽が鳴り始め、演技がはじまるとまずはカゴのジャグリングから。
大きなカゴをクルクルと軽やかにジャグリングしていきました。 



軽快な音楽にのせた彼女のエレガントな演技に観客は目が離せません。





彼女は8歳からジャグリングをはじめ、35年以上。
男性ジャグラーにはないフェミニンさとオリジナリティーを求め、練習を重ねたそうです。
パフォーマンスで訪れた国は日本を含め約30カ国。
今後チャレンジしてみたいものを聞いてみたところ、回せるものであれば何でも回してみたいそうです。


きらきらした彼女の笑顔と魅力あふれるジャグリングは必見です!



(うるし・トニー・やま)



2016会場レポート::アーティスト ワールドカップ部門 / trackback (x)
2016/11/04 06:30 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。