会場レポート

スタッフが飛び回り取材し、会場よりその様子をお届けします。

ペガサート前の広場から軽やかなリズムとともに楽しい集団がやってきました!
TAP DO!は東京を拠点に活躍中のエンターテイメントユニットで静岡での大道芸出場は今回が初めて。

彼らはタップダンスやパーカッションをつかったリズミカルな演奏にコメディを交えた観客参加型のショーで会場を笑いと驚嘆の声で沸かせました。

今回のショーで一番難しかった技はエンビパイプをつかった演奏だそうです。



スプーンのみをつかった演奏やオーケストラをコメディ風にアレンジしたパフォーマンスなど数々のユニークな技の発想は
どのようにして生まれるのかを尋ねたところ、
リーダーのpokeiさんは「タップダンスやジャグリングなどメンバーそれぞれが得意とする分野が異なるのでそれぞれの持ち味を出せる技で
なおかつ見る人が楽しめるようなコメディ要素も混ぜて考えています。」と話してくれました。

ショーの最後のトリプルリングの大技は見事大成功!!
「静岡のお客さんはあたたかくて嬉しい、また皆さんにお会いしたい」とmakiさん。
静岡が第二のふるさとと言ってくださりとっても嬉しいですね!
陽気で心おどる素敵なショーを来年も静岡で披露してくれることを楽しみにしています!!(ミナ)

2011会場レポート::2011アーティスト オフ部門 / trackback (x)
2011/11/06 04:06 PM written by : スタッフ

コンテンツ
記事内容は予告なく変更・改訂する場合があります。