ニュース

この度は、国内オン部門募集条件の変更(現状の海外オン部門の条件に合わせる)ついて事前の調査、説明も不足し、また性急に事を進めたこともあり、アーティストの皆様を困惑させ、ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。

また、アーティストの皆様への説明会においても配慮不足、準備不足により余計な混乱を生じさせたことに関しましても心からお詫び申し上げます。

さらには、応援していただいている観客の皆様や、いつも現場で汗を流してくれるボランティアスタッフの皆様にも多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

様々な方面からのご意見も参考にさせていただき、また、委員会内で慎重に議論を重ね、再度検討しました結果、本年度の募集要項について一部見直しをさせていただくことになりました。

2018年の国内オン部門募集条件(出演料等)については、以下のように変更させていただきます。

●変更前(海外オン部門は現行のまま変更なし。)
交通費
宿泊費(5泊分)
食費(3,500円×5日)
出演料なし
投げ銭OK(今まで通り、投げ銭は全てアーティストの収入)

●変更後(海外オン部門は現行のまま変更なし。)
交通費
宿泊費(5泊分)
出演料90,000円(手取り、5日間、食費含む)
投げ銭OK(今まで通り、投げ銭は全てアーティストの収入)

※詳細は募集要項(平成30年3月17日改訂版)をご確認ください。


募集期間を4月10日まで延長いたします。


尚、大道芸ワールドカップin静岡の置かれている経済状況も決して潤沢ではなく、今後静岡市民はもとより、県外、海外からも多くの方々が訪れ、ビジターだけでなくアーティストの皆様も楽しんでいただけるような様々な魅力に溢れた唯一無二のフェスティバルになっていくためには、大胆な発想の転換も求められています。
年々増加する国内外のアーティストからの申し込みの多くを断り続けている現状を改善することをはじめ、財務状況改善に向けた独自の資金開発を行うための組織改革、補助金をいただいている行政からの指導である安定した運営を行うに必要な総予算に対する5%繰越金の確保、シティプロモーション効果、インバウンド獲得、アジアのハブ的機能の強化などを達成するべく、予算の枠組み、カテゴリー分け、参加アーティスト数、参加条件等を再度検討していかなければなりませんが、日本国内のアーティストの皆様のご協力はこれからも必要です。今回起こった経緯を見直し、反省して、今後このようなことが起きないよう皆様からの厚い信頼を得られるようなフェスティバルにしていくことが、実行委員会に課せられていると感じております。

今後は各方面とのコミュニケーションを図りながら、これからも「All for You it's my pleasure」のボランティア精神を忘れず、大道芸ワールドカップin静岡が発展していくよう努力してまいります。
引き続きご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


平成30年3月17日

大道芸ワールドカップ実行委員会
委員長  杉山 元


■特別フェスティバルデザイン会議
日時 平成30年3月15日(木)
場所 大道芸ワールドカップ実行委員会 事務局
議事 国内オン部門募集条件見直しについて
参加者 委員長
    プロデューサー
    チーフディレクター
    各室ディレクター及び実行委員
    実行委員会シニアアドバイザー
    事務局
    関連業者
    静岡市

(2018/3/17 15:33)
written by : 管理者

コンテンツ